冷凍弁当でも栄養バランスよく

埼玉の久喜市にすんでいます。
現在26才の会社員しています。結婚は30歳くらいまでにできればなと思ったり。
いまは自由気ままな独身生活をエンジョイしています。
気ままな独身生活ですが、なにが面倒といっても、やはり毎日の食生活の準備ね。
あれほど苦痛になるものはないですよ、まったく。

そんな私のぐうたら生活にピッタシのお弁当、それが冷凍弁当!
朝早く起きて弁当を作る際に冷凍食品はとても便利なものだと思います。

弁当は毎日作っているのですが夕食の残りがあればそれを詰めたりするものの、毎回残るわけでもなく朝料理して弁当に詰めるのも時間がなく面倒なので冷凍食品を使ってしまいます。

私の料理のレパートリーが少ないということもありますが冷凍食品は種類豊富で彩りも鮮やかになって見栄えが良くなりますし、レンジでチンしている間は他の事が出来るので時間が有効に使えるので助かっています。最近の冷凍物は以前に比べて味が良くなっているように感じるのとスーパーの曜日によってはセールで安く買える時があるので金銭面でも大助かりです。

 

 

 

冷凍室に入れておくだけでいいのと大体5~6個入りで一度に全部使い切るのではないので安い時に買っておけばいつでも使えるのが嬉しいです。しかし便利な冷凍食品とは言え、栄養のバランス面や体に悪いものを使っているのではないのかなど不安視することが無いわけではありません。
ニュースで冷凍食品に異物混入や衛生面での問題も度々目にすることがあります。

 

それで買うのは止めようと思ってもつい手を出してしまったり、その会社の商品を買うのは控えるけど、別の会社の同じような商品は買ってしまうのは、冷凍食品が便利なものだと知ってしまっているからだと思います。

 

 

 

お手軽に弁当の一品が出来るので何かと仕事や時間に追われがちな現代社会において冷凍食品は消費者のニーズに合っているからこそ冷凍弁当が流行っているのではないかと感じます。一度は冷凍している食べ物ですが解凍してからも美味しく食べられるように塩分が強めになっている食品もあるため毎日食べすぎすると高血圧になってしまうらしいので注意が必要みたいですが、以外にも急速冷凍された野菜は栄養価が落ちることがなくむしろ美味しく頂くことが出来るます。
冷凍食品を使った弁当はお手軽で便利なものですが、自分の健康と向き合って冷凍ものとは言え、バランスのよい弁当をこれからも作っていきたいです。